パンの焼き上がりにムラができる!綺麗な焼け色にならない!

 

パンの焼けあがりが本に載っているようにきれいな焼け色にならない!

きっと本に載っているのはプロが使ういいオーブンに違いない!!

 

自分でパンを焼くとき設定温度も時間も同じようにして、焦げないように

最初はオーブンの前で焼き加減をずっと見ていたりしても同じように焼けないことが

ずっと続いていました。

こんな感じで焼き色にムラが・・・

 

焼きすぎで表面がカチカチになったり、5個並べて焼いていると真ん中が焼けても

周りの4個がまだ焼けていなかったり、周りを気にすると真ん中が焼けすぎたり

こんな感じでちょうどいいところで完成にしていました。

 

そのような経験があったり、今現在そのようなことで悩んでいる方がいらっしゃれば

参考になればと思います。

 

オーブンの使用年数を確認。

焼き上がりにむらが出来たり、焼けているのに綺麗なパンの色にならなかったりする場合

あまり詳しくはないのですが、オーブンの中の熱の伝わりが均一になっていない場合があります。

この辺りはオーブンのここをこうすれば解決という方法は思いつきません。

 

実際パンを作ることが多くなってきたときに

オーブン皿をもう1枚追加して2段で使いたいなぁ!と思っていた時にちょうど

お店に

内容量の大きい(31Ⅼ)オーブンレンジが特価で売りに出されているの発見して、即購入しました。

中のオーブン皿も2個ついていて同時に10個焼ける!!即購入

さっそく帰ってパンを焼いてみたところ、

なんと!

今までパンの焼き上がりに少し不満が残っていたものもすべて解消しました。

パンの焼けあがりも本に書いてあるような焼け色になっていたり、

今までも全く同じように作っても

最終的にはオーブンの性能で完成度が違っていたという事に驚きました。

 

ちなみに今まで使っていたオーブンは2004年製でした。

結構古かったんだねぇこれ!!

パンの焼き色以外はいまだに問題なく使えていたのでオーブンの買い替えまでは

考えていなかったのですが、特価と内容量の大きさ、皿の数に負けて買い替えになりました。

 

パンの焼け色にむらが出来ていたという事は厳密にいえば他の料理でも

満遍なく火が通っていたかはよくわかりませんが、料理に使用したり、温めたりする分には

問題があるレベルではなかったので気が付きにくかったです。

 

パンの焼け色がむらが出来たり、うまくいかないときはオーブンの製造年をちょっと見てみるのも

いいかもしれませんね。

うちにある2台のオーブンは右横の下のほうに製造年が記されていました。

要チェックです!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です