【手ごね】チョコチップパンをつくる

 

 

今回はチョコチップパンを作ってみました。

特に難しいところもなく普通に作っていく感じで1次発酵前にチョコチップを生地に入れるだけ。

 

チョコチップパンの材料と分量

5人分:目安として通常のメロンパンの大きさぐらいです。

材料 分量
強力粉 290g
水分 180g
4g
砂糖 28g
インスタントドライイースト 4.5g
35g
油脂(今回はマーガリン) 35g
スキムミルク 6g
チョコチップ 40g

 

今回のメインのチョコチップはスーパーのお菓子作りコーナーに売ってある普通の

チョコチップです。

1袋に40g入っているものを全部入れてチョコチップたっぷりの美味しいパンをつくりました。

 

 

手順

1.ボールに強力粉、塩、砂糖、インスタントドライイースト、スキムミルク、卵を入れ

水を少し温めて約35度から40度弱にして生地に入れてボールの中でひと固まりになるぐらい

ゴムベラで混ぜていきます。(水は最初150gぐらい入れて残りを調整水としてもいいです)

 

その時、ボールの中に材料を入れる時には単体でボールの端に入れて、

その反対側に砂糖とインスタントドライイーストを入れておきます。

水を入れる時はボールを砂糖側を下にして砂糖とインスタントドライイーストに

掛けながら水に溶かしつつ全体に混ぜていく感じでやります。

特に気にせずそのまま水をドバババって入れて混ぜても問題ありません。

 

2.台の上に移したら手首の近くの手のひらで台にこすりつけるように捏ねていきます。

この時水を全部入れているとベチャベチャして捏ねる時間が長くなります。

調整水をうまく入れながら捏ねていくことで早くまとまりが出て簡単です。

 

なかなか生地がベトついてしまうときは指である程度つまんで持ち上げそのまま

台に叩きつけていくと少し早く生地が作れます。

 

この捏ねる時間は何分と決まっていないのでしっかりと張りと弾力が出るぐらい

頑張りましょう。

ある程度丸く出来てきたら油脂(マーガリン)を入れてなじませ再度捏ねていきましょう。

 

3.グルテンチェックして大丈夫ならこのまま生地にチョコチップを混ぜていきます。

数回に分けて生地を捏ねながら混ぜていきます。

生地が多くチョコがないところに入れては捏ねて、ないところに入れては捏ねる感じです。

(生地を少し柔らかめにしたかったのでしっかりと弾力が出る手前で捏ねるのを終わっています)

4.生地を丸くしてボールに入れて1次発酵

オーブンレンジで35度で35分

(発酵前です、発酵後は約1.5倍ぐらいの大きさになります)

 

5.発酵後にガス抜きをして5等分に分け10分のベンチタイムに入ります。

ベンチタイム後はオーブン皿に移し

パンがくっつかないように並べて2次発酵に入ります。

 

6.2次発酵

1次発酵と同じですがオーブンレンジで35度設定の今回は40分

 

7.焼成

オーブンレンジで210度設定の13分

時間はオーブンにより変わってくるので慣れるまではオーブンの前でちらちら見ておくことが失敗しないで済みます。

 

8.完成

 

焼きたてチョコチップパンの出来上がりです。

生地はコッペパンのように柔らかくしっとりした感じに出来上がりました。

焼きたてでもおいしいのですが、このままラップをかぶせてしばらく放置しておきました。

 

ラップをかぶせて置いておくことでさらにしっとり感が増してフワフワの柔らかい食感が楽しめます。

肝心の中身は!

 

生地もしっかり詰まっていてチョコチップもいい感じになっています。

食べた感想は、ふわふわでチョコチップの溶けたところもあるのでそれが生地になじんで

生地の甘味も増しておいしい!

これは、またすぐにでも作って食べたくなるおいしさでした。

まとめ

・通常のパン生地にチョコチップを入れただけですが、基本のパン生地はリッチ系のパン生地になります。

色々なものを入れて生地に風味と甘味をだしていますが、チョコチップも途中で溶けることもあるので

溶けたチョコチップが生地になじんで更に甘味を追加しておいしくなります。

こんな感じにチョコが溶けて生地にマーブルのような感じに溶けだすのでそれもおいしさの追加になります。

特に難しいポイントもなく普通に作っていくだけでいいので

休みの日に小さなお子様と一緒に作るのもいいのではないでしょうか。

 

それでは、今回は以上になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です